蜂の子で叶える快眠生活

快眠を叶えるためには

快眠を得るためには、毎日決まった時間に布団に入るなど規則正しい生活を心掛け、体内時計を整えることが大切です。 この体内時計は、睡眠のタイミングを決めたり生理的な活動を調節したりすることで、睡眠に備えてくれるのです。 しかし、人の体内時計の周期は24時間よりも長めにできているため、毎日ずれている分を早める必要があります。 そのためには、起床直後にカーテンを開けて、ずれている体内時計を早める作用がある朝の光を浴びると良いでしょう。

また、就寝の約3時間前に負担の少ない運動をして、脳の温度を一過性に上げることにより、寝つきが良くなって睡眠の質を高めます。 入浴は就寝の2~3時間前に入り、熱めの湯温で体温を2度ほど上げると、深い睡眠を得やすくなります。

このような生活習慣を心掛けた上で、蜂の幼虫やサナギである蜂の子を取り入れると、より睡眠の質を高めて快眠が叶えられます。

蜂の子が快眠に役立つ理由

蜂の子に含まれている栄養素が睡眠ホルモンの分泌をサポート

良質な睡眠を得るためには、睡眠に重要な役割を果たすホルモンである「メラトニン」の分泌量を増やす必要があります。 このメラトニンは、体内で幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」が原料となって作られます。

蜂の子には、セロトニンの合成に欠かせない必須アミノ酸のトリプトファンや、ナイアシン、マグネシウムが含まれています。 蜂の子に含まれているこれらの栄養素は、体内でセロトニンの合成を促してくれます。その結果、メラトニンの分泌量も高まって快眠が実現するのです。

質の良い睡眠に役立つグリシンが含まれている

蜂の子には、質の良い睡眠に役立つ「グリシン」というアミノ酸が含まれています。 食品の有名メーカーが行った研究では、日頃から睡眠に不満を持っている方が寝る前にグリシンを摂取したところ、翌朝すっきりと目覚めることができ、疲労感も軽くなったことがわかりました。 さらに、日中の眠気も軽くなり、パソコンを使った作業の効率も高くなったことが明らかになりました。

また、グリシンは深い睡眠を増加させて、質の良い睡眠をサポートしてくれるのです。 このグリシンを就寝前に摂取すると、表面体温を上昇させて熱を外に逃がし、体の中心部の体温(深部体温)を低下させます。 この深部体温がスムーズに下がることで、質の良い睡眠が得られるのです。

蜂の子はストレスを受けて分泌されるコルチゾールを低下させる

人はストレスを受けると、血液中にコルチゾールというホルモンが分泌されます。 このコルチゾールが多く作られる時間帯は朝ですが、ストレスなどで寝る前に緊張が強いと遅い時間にも多くのコルチゾールが分泌されます。 すると、深い眠りに入ることが難しくなり、睡眠の質も悪くなってしまうのです。

タンパク質を分解した「酵素分解蜂の子」は、血液中のコルチゾール値を低下させることが、研究によって明らかになっています。 このように、蜂の子はストレスホルモンであるコルチゾールの活動を抑え、質の良い睡眠へと導いてくれるのです。

このコラムに関連する記事一覧

トップに戻る