蜂の子には副作用はある?

蜂の子の漢方薬は副作用がないといわれている

栄養価が高い蜂の子は、中国で古くから漢方として愛されてきました。 約2000年前に書かれた中国最古の薬学書である「神農本草経」では、蜂の子は安全で副作用がなく、優れた薬という意味をもつ「上薬」に位置づけられています。 この上薬に分類されたものは、不老長寿に期待できる漢方として扱われていたのです。

このように、蜂の子は中国では、古くから副作用がない優れた漢方として親しまれてきました。

蜂の子が体に悪影響を与える可能性はゼロではない

蜂の子の漢方は、副作用がないものとして扱われてきましたが、蜂の子そのものが体に悪影響を与える可能性はゼロではなく、アレルギー症状を引き起こす可能性はあります。

蜂の毒によるアレルギー

蜂が持つ毒にアレルギーのある人が蜂に刺され、毒が体内に入ると抗体ができます。 その後に、再び蜂に刺されて毒が体内に入ってしまうと、アレルギー反応で嘔吐や腹痛などの症状が現れる恐れがあります。

このように、蜂に刺されたことでアレルギー症状が出たことがある人は、蜂の子を摂取することによってもアレルギー反応が起こる可能性が考えられるため、なるべく蜂の子の摂取は控えたほうが良いでしょう。

蜂が持つタンパク質によるアレルギー

食物アレルギーは、一般的に小麦や牛乳、卵や大豆などに含まれているタンパク質がアレルゲンとなって起こります。 蜂の子には様々な栄養素が含まれていますが、特にタンパク質を多く含んでいるため、アレルゲンとなってしまう可能性はゼロではありません。

また、カニやえびなどの甲殻類アレルギーは、トロポミオシンというタンパク質の一種の物質がアレルゲンとなりますが、このトロポミオシンは蜂の子にも含まれています。 ですから、甲殻類アレルギーがある人は、蜂の子を食べることは控えるようにしましょう。

まとめ

蜂の子は、中国で古くから副作用のない優れた漢方薬として使用されていました。 しかし、蜂の子にはタンパク質が多いことや、甲殻類アレルギーのアレルゲンになるトロポミオシンが含まれているため、アレルギー反応を引き起こす恐れがあります。 また、蜂が持つ毒にアレルギーがある人は、蜂に刺されるだけでなく、蜂の子そのものを食べてもアレルギー症状が起こる恐れがあるため、蜂の子を食べることは控えたほうが良いです。

蜂の子のサプリメントの場合でも、様々な成分が含まれているため、蜂の子以外の成分がアレルギーの原因になってしまう可能性があります。 ですから、蜂の子のサプリメントを摂取してアレルギー症状が現れた場合は、すぐに摂取を中止して医師に相談をしましょう。

このコラムに関連する記事一覧

トップに戻る