古くから日本人の健康を支える蜂の子

メニエール病に効果抜群の蜂の子

めまいや耳鳴り、難聴といったようなつらい症状を引き起こすメニエール病は現代病ともいわれ、ストレスが主たる原因ではないかといわれています。ストレスの原因を突き止めて、それを避けるのは容易でない場合もあり、罹患している人を悩ませていますが、近年では、メニエール病に蜂の子が有効であるとの研究結果が多く発表され、注目を集めています。

メニエール病には自律神経の働きが密接に関係しているのですが、蜂の子には自律神経のバランスを調整する機能があり、メニエール病の諸症状を改善してくれるのです。実際に臨床実験を行ったデータによると蜂の子の粉末を1日3回、1か月摂取することにより、めまい、ふらつき、耳鳴り、難聴などの改善がみられたということです。特に耳鳴りや難聴に関しては、改善が顕著にみられたというデータもあります。さらに、人間がストレスを感じた場合には、コルチゾールと呼ばれるいわゆるストレスホルモンが、体内で増加し、聴覚器官、三半規管などに影響を与え、めまいや難聴などの様々なつらい症状を引き起こします。

実は、蜂の子は、このストレスホルモンを減少させる働きをするのです。その結果、ストレスホルモンが体内で減少し、症状を改善してくれるのです。蜂の子は、見た目がグロテスクで敬遠しがちですが、サプリメントや粉末タイプも市販されていますので、そのまま口にするのはちょっとという人も、気軽に摂取できますので是非お試しください。