蜂の子のバター炒めの作り方

蜂の子料理の中でも、簡単で手軽に作ることができる料理の一つが「蜂の子のバター炒め」です。 蜂の子をバターで炒めて醤油で味付けすることで、濃厚な味や香ばしい良い香りを楽しむことができます。

蜂の子のバター炒めのレシピ

材料
蜂の子 お好きな量
バター 適量
醤油 適量
  • まず、蜂の子の背にある黒い内臓を取り除きましょう。蜂の子の内臓には、食べた餌などが含まれている場合があるため、取り除かずに調理をしてしまうと、ジャリジャリとした食感や苦みがあります。
    はじめに、蜂の子を軽く火が通る程度に茹でます。次に、蜂の子の頭(小さい黒い目がある方)をちぎります。
    そして、蜂の子のお尻の方を指で軽くつまみ、内臓を少し出します。その少し出した内臓を、指で優しく引っ張って取り出します。
  • フライパンを温めます。フライパンが温まったら、バターを入れて溶かします。
  • バターがある程度溶けたら、内臓を取り除いた蜂の子を入れ、中火で炒めます。このときに箸などを使って強く混ぜてしまうと、身が潰れてしまう恐れがあるため、フライパンを優しく揺すって炒めましょう。
  • 蜂の子の水分が飛び、表面がカリカリとしたら箸を使って炒めます。
  • 蜂の子に軽く焼き色が付いたら、醤油を入れます。また、お好みで塩などを入れても美味しいです。

蜂の子の見た目が気になる場合はアレンジしよう

蜂の子のバター炒めは、簡単に作れる美味しい料理ですが、人によっては蜂の子の見た目が気持ち悪く感じてしまうかもしれません。 蜂の子の見た目が気になる場合は、蜂の子のバター炒めをそのまま春巻きの具にしてみると、蜂の子が見えなくなるので食べやすくなります。 また、卵を割ってかき混ぜて、そこにバターで炒めた蜂の子を細かくしてから入れて一緒に焼くことで、蜂の子入りの卵焼きになります。

このように、蜂の子のバター炒めは他の料理にアレンジして使うことができます。 「栄養価が高い蜂の子を取り入れたいけれど、見た目が怖くて食べられない…」と感じる方は、バターで炒めた蜂の子を春巻きや卵焼きにアレンジしてみましょう。

おわりに

蜂の子のバター炒めは、準備する材料も少ないため、手軽にすぐに作ることができます。さらに、蜂の子とバター、醤油を合わせた香ばしい香りも楽しめます。

使用する調味料は、醤油ではなくニンニクや、刻んだ唐辛子などをバターに加えて炒めても美味しいです。 ニンニクを使った蜂の子のバター炒めも風味が良いため、お酒にも合います。 刻んだ唐辛子を入れて作った蜂の子のバター炒めは、蜂の子の持つ濃厚な味だけでなく、ピリッとした辛さが味わえます。

このように、蜂の子のバター炒めは、好みや目的に合わせて調味料を変えることで、様々な味や風味を楽しむことができます。

このコラムに関連する記事一覧

トップに戻る