古くから日本人の健康を支える蜂の子

耳鳴りから難聴にならないために蜂の子を食べよう!

蜂の子がなぜ耳鳴りや難聴に効果があるのかと言うと、蜂の子に含まれているトリプトファンというアミノ酸の成分が関係しています。トリプトファンは、セロトニンを作りだすアミノ酸です。セロトニンが減少することで、耳鳴りが起きるため、蜂の子のサプリメントを飲むことによって、セロトニンの減少を防ぐことができ、耳鳴りの予防につながります。

また、蜂の子はキーンというような高音域の耳鳴りに効果が期待できると言われています。その理由は、聴力に影響を与えるホルモンのコルチゾールが関わっています。コルチゾールはストレスを受けた時に分泌されるホルモンなのですが、耳鳴りに悩まされている方は、このコルチゾールの値が高いです。蜂の子のサプリメントを飲むことで、血中のコルチゾールを低下させることが分かったのです。コルチゾールの低下によって、高音域の聴力が回復し、耳鳴りが改善されました。蜂の子のサプリメントを飲むことで、ストレスホルモンを抑えて聴力が回復することが分かりました。

蜂の子のサプリメントによく利用されているのは、ミツバチのオスの蜂の子で、生後21日目のオスの蜂の子が最も効果が高いと言われています。

耳鳴りや難聴を予防するためにも、蜂の子のサプリメントを利用して、健康な体をキープしましょう。蜂の子のサプリメントは、高音の耳鳴りの改善に特に優れているため、そのような症状に悩んでいる方は、ぜひ使ってみてください。