古くから日本人の健康を支える蜂の子

耳鳴りに効果的な蜂の子

蜂の子の歴史は古く約2000年前から中国の薬物書に蜂の子が持つ優れた効果が記されています。日本でも長野県や岐阜県、愛知県等では今でも郷土料理として親しまれています。蜂の子とは、蜂の中でも貴重な羽化前のオス蜂の幼虫の事を指しています。

蜂の子はヒトの体内で様々な優良な作用をもたらします。中でも特に注目を集め高い効果が期待されているのは「耳鳴り」です。耳鳴りの要因としては加齢やストレス等が挙げられますが、原因が特定しにくい特徴があります。

原因の一つとして血中に含まれている「コルチゾール」というホルモンが影響している可能性があると言われています。コルチゾールはストレスを受けると分泌されるホルモンで「ストレスホルモン」とも呼ばれています。耳との関連性も深く聴力を調整する蝸牛に影響を及ぼし耳鳴りを発症させます。

蜂の子は、アミノ酸の一種トリプトファンの含有量が特に豊富です。トリプトファンは自律神経の働きを整えるセロトニンという物質を作り出します。その働きにより自律神経の働きが正常になります。結果、コルチゾールの活動が整えられ聴力回復に繋がると言われています。ある研究機関が行った研究では、蜂の子を12週間摂取し続け、耳鳴りが改善するかを試したところ、聴力レベルが回復した事が発表されています。

耳鳴りの原因は様々ですが、自律神経の乱れが影響しているケースが多く、自律神経を整える事で改善される場合も多いのです。このような理由から、自律神経に働きかける蜂の子の成分が耳鳴りに優れた作用がある事が理解できます。